公募推薦

公募推薦受かる確率は?受かりやすい?

公募推薦で受かる確率は?

公募推薦は受かりやすいと言われている推薦入試です。

しかし、受かる確率がどれくらいかというのはあまり知られていません。

今回は、公募推薦の受かる確率をテーマにお話をさせていただきます。

公募推薦の受かる確率は?

公募推薦で受かる確率を調べました。

私立大学、国立大学でそれぞれレベルの違う大学について受かる確率を見ていきたいと思います。

私立大学の公募推薦で受かる確率と倍率は?

上智大学公募推薦で受かる確率と倍率

上智大学・学部・学科 倍率 受かる確率
神学部|神学科 1.4倍  71.4%
文学部|哲学科 1.4倍  71.4%
総合人間科学部|教育学科 3.0倍  33.3%
総合人間科学部|心理学科 3.8倍  26.3%
法学部|法律学科 2.1倍  47.6%

※2018年のデータを元に試算
※学部学科はランダムで5学科を抽出

上智大学の公募推薦で受かる確率は、25〜70%程度です。

学科によって、全然違います。

それでも、法学部が50%で受かるのはかなり魅力的です。

人気のない神学部や文学部の受かる確率が70%と高いのは穴場といえるでしょう。

偏差値がかなり高い上智大学でこれだけ受かりやすいのだから、公募推薦はお得な受験で間違いなしです!

法政大学公募推薦で受かる確率と倍率

法政大学・学部・学科 倍率 受かる確率
文学部|英文学科  4.7倍  21.2%
経営学部|経営戦略学科  1.2倍  83.3%
キャリアデザイン学部|キャリアデザイン学科  3.9倍  25.6%
情報科学部|ディジタルメディア学科  2.2倍  45.5%
情報科学部|コンピュータ科学科  2.2倍  45.5%

※2018年のデータを元に試算
※学部学科はランダムで5学科を抽出

MARCHの一つである法政大学の公募推薦で受かる確率は、20〜80%程度です。

やはり学科によって大きく受かる確率は違います。

人気のある文学部英文学科は、一般入試レベルの合格率ですが、経営学部経営戦略学科は80%が合格しているのです。

あまり人気がない学部を狙えば、公募推薦でMARCHに入るのはかなり簡単といえるでしょう。

公募推薦は、併願が可能ですから、学校からうまく推薦がもらえれば複数の大学を受験することもできるでしょう。

公募推薦といっても高校が推薦してくれないと受けることができないので、だいたい3校くらい受ける人が多いです。

ただ、高校の方針によるので、2校までと制限がある学校もあります。

日本大学公募推薦で受かる確率と倍率

日本大学・学部・学科 倍率 受かる確率
法学部1部|法律学科〈法職課程以外〉 1.3倍 76.9%
商学部|商業学科 2.4倍 41.7%
芸術学部|映画学科 2.6倍 38.5%
国際関係学部|国際総合政策学科 1.7倍 58.8%
理工学部|土木工学科 1.0倍 100%

※2018年のデータを元に試算
※学部学科はランダムで5学科を抽出

日本大学の公募推薦で受かる確率は、40〜100%です。

日本大学は日東駒専の一つですが、早慶上智やMARCHと比べるとランクが下なので、受かる確率も高くなっています。

理工学部のような人気のない学部ならば、100%という合格率です!

興味がある学部に出願するのをグッとこらえて、合格率が高い学部に出願するのもありでしょう。




国立大学の公募推薦で受かる確率と倍率は?

国立大学の公募推薦では、基本的にセンター試験を受験する必要がありますし、基準の点数を上回る必要があります。

そのため、合格者が0人であることも珍しくありません。

学力がないから公募推薦を狙うという方には向いていないでしょう。

しかし、一般入試よりは倍率も低く受かりやすい入試であることは間違いありません。

一般入試を狙いつつ、あわよくば公募推薦で受かればいいやという気持ちで受験することをオススメします。

一橋大学の公募推薦の受かる確率と倍率

一橋大学・学部・学科 倍率 受かる確率
商学部  1.6倍 62.5%
経済学部|経済学科  2.0倍 50%
法学部|法律学科  1.8倍 55.6%
社会学部|社会学科  4.0倍 25%

※2018年のデータを元に試算

一橋大学の公募推薦で受かる確率は、25〜62.5%です。

ただし、一橋大学の推薦では、センター試験を受験する必要があり、センター試験で一定レベルの点数を取る必要があります。

そのため、かなり学力的自信がある人だけが受験していることでしょう。

受かる確率は、一般入試に比べると高いですが簡単であることはないと思います。

しかし、二次試験を受験する必要がなく、センター試験に集中して勉強することができるので、一般入試に比べるとかなり受かりやすいと言えますね。

静岡大学の公募推薦の受かる確率と倍率

静岡大学・学部・学科 倍率 受かる確率
人文社会科学部〈昼〉|社会学科 2.7倍 37%
教育学部|学校教育教員養成課程 1.3倍 76.9%
情報学部|情報科学科 3.8倍 26.3%
理学部|数学科 3.0倍 33.3%
工学部|機械工学科 1.7倍 58.8%

※2018年のデータを元に試算
※学部学科はランダムで5学科を抽出

静岡大学の公募推薦で受かる確率は、25〜80%程度です。

センター試験を受験する必要がありますが、一般入試よりはかなり受かりやすいといえますね。

人気のない学部に出願すれば、80%程度の確率で合格することも可能です。

確実に公募推薦で受かりたいという方は、事前に過去の倍率を調べて人気がない学部を調べておくといいでしょう。

公募推薦で評定ギリギリは不利?受かるの? 公募推薦で評定ギリギリは不利なのか? 公募推薦は誰でも受けることができる推薦入試です。 しかし、評点も評価の対象とな...

 

スポンサーリンク
志望校に合格するには早く受験校を決めろ!

受験生のあなた!こんなお悩みありませんか?

●まだ志望校が決まらない!
●大学がどんなところかわからない!
●どんな大学があるかすら知らない!

私も高校時代は、志望校が全然決まらなくて悩んでいました。

どんな大学があるかも分からないし、やりたいこともなかったからです。

でも、合格した先輩に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました!

大学の資料請求は無料です。しかも図書カードまでもらえます!

試しに、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください。

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学が必ず見つかるはず!

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータもあります。志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

無料です!

今なら図書カード500円分がもらえる!